harudakeのブログ

キャンプ、登山、ネット、株など

「そこに山があるから」     読者になって読みましょう

ウイグル族の危機 このままでは日本にも、、、

 



皆さんはウイグル族を知っていますか?

 

ウイグル族は中国に弾圧されている少数民族です。

 

ウイグル族ウイグル自治区に住んでおり、今まで約100万人が「ウイグル再教育キャンプ」(強制収容所)に入れられています。

この収容所は簡単に言えば宗教の離脱と共産党主義絵の洗脳のための施設です。

f:id:harudake:20191018205653j:plain

強制収容所

一回入ったらほぼ出るのは無理でしょう。これはナチスよりひどいです。

 

なぜナチスよりひどいのでしょうか?

 

1・宗教の弾圧

ナチスユダヤ人に対して宗教に関しては弾圧をしませんでした。 また洗脳もしませんでした。しかし中国ではイスラム教も弾圧し、イスラム教の禁止項目であるお酒を無理やり飲ませています。そうやって中国共産党絵の忠誠心を強めています。

 

 

2・焼却炉の設置

 

ナチスガス室で、苦しいけど、すぐに殺しました。それに対し中国の焼却炉は苦しく、長く、もう僕だったら耐えられません。

 

 

なぜ入れられているのでしょうか?

 

まず一つ目の理由は

中国共産党ウイグル族の「分離主義」と「テロリズム」を恐れているから、というものである。もちろんこの答えは党として目指す方向性に一致するし、中国共産党も、この説明を国際的なメディアや各国政府に遮二無二売り込んでいる。中国共産党の望む成果が得られているとは言い難いが、一部のメディアではまだこの説明が繰り返されている。

 

二つ目はの理由は、

中国人とは異なる民族性、宗教、言語を持っているためで、ウイグル族のほとんどは中国語を全く話さない。

 

ウイグル族のほとんどが政治的に 「分離主義者」であるとか、中国からの独立を支持しているという証拠はないが、ここでも弾圧と迫害が明らかに分離主義に拍車をかけている。

 つまりテロリスト

 

なぜこのような問題をなぜ我々は知らなかったのか

 

報道規制

 

NHKや他の報道機関でもウイグル族えの弾圧に対しては批判的に報道されます。しかし報道規制というかまずウイグル自治区に入ることが大変難しいです。ウイグル自治区に入ったとしても公安警察が記者たちを、後ろから追いかけてきたり、車でも後ろに公安がいます。

 

また、たとえウイグル族の人に話しを聞いたとしても、真実は聞けません。なぜなら、記者がとった動画や写真、文章など全てが入国時、出国時などに検閲されるため、消されるし、その不当な答えをしゃべった人はほぼ100%焼却炉か強制収容所行きです。

 

2言語

 

言語も中国語・英語・ウイグル語だけではなく、トルコ語アラビア語ぐらいはできないと第一線の情報が入ってこない。

 

 

 

3場所

 

中国の国土は広大で、北京や上海と新疆との距離は2000キロ以上も離れている。欧州でいえばイタリア~モスクワ間になる距離だ。

 

このようなことが挙げられる。

 

 

 

解決策

 

 

解決策と言っても国や世界レベルで国連に訴えたり、中国に訴えることが一つ目の解決策

 

二つ目は中国軍のクーデータです。

 

 

これ以外はほぼ解決策はないです。

 

 

 

 

 もちろんウイグル問題はひどいです。広く報じたほうがいい問題です。しかし、日本国内の極端な政治勢力と距離を置くことや、ウイグル自治区に行くことを考えたらコスト的にもかかりすぎるので報道できないものだと思います。

 

 

 僕はこの問題はウイグル族だけではなく中国近辺の国も当てはまることだと思います。ウイグルの次は日本かもしれません

 

 

僕は早く助けたいです。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ